はやわかり XREA

ナビゲーション

メニュー

パンくずリスト

メインメニュー

FAQ (よくある質問集)

その他

最近更新されたページ

2017/09/17

2017/09/15

2016/06/04

2015/07/11

オンライン情報

現在同時に 1 人がこのサイトを見ています

「アカウント」の FAQ

登録したアカウントの管理や使用方法に関してのよくある質問集です。

質問リスト

Q. XREA をはじめとするレンタルサーバの各サービスについて概要を教えてください。

株式会社 GMO デジロックが運営する、XREA をはじめとするレンタルサーバサービスは、全部で 4 つあります。

XREA
強力な自由度を備えた無料レンタルサーバとして 2001 年にサービス開始。現在は、無料サービス (広告表示付き)、および、有料でアカウントの広告表示を免除して機能を強化できる XREA+ サービス、ウェブ機能を省きメールとバックアップ領域専用とした有料専用の Mail&Backup サービスが提供されています。
CORESERVER
2007 年 8 月にサービス開始。XREA+ の上位互換にあたる有料専用のレンタルサーバです。PHP + MySQLの快適性を重視して、よりサーバや回線が強化され、サーバあたりの定員を少なくし豊富やリソース配分が加えられています。サイトの規模に応じた幅広い 4 つのプランが提供されています。後述の VALUE SERVER よりも歴史が古いサービスですが、同価格帯のプランで比較した場合、より多くのディスク容量が提供されます。
VALUE SERVER
2013 年 5 月にサービス開始。CORESERVER の次世代にあたる有料専用のサービスで、16 コアデュアル CPU・メモリ 96 GB の強力なハードウェアを備えたサーバを廉価に利用できます。管理画面がリニューアルされたほか、WordPress の簡単設置機能も備えます。CORESERVER と同価格帯のプランで比較した場合、若干安いほか、サーバの CPU やメモリ、および転送量に余裕があります。サイトの規模に応じた 3 つのプランが提供されています。
COREBLOG
2009 年 12 月にサービス開始。CORESERVER をベースに WordPress を簡単設置できる機能を備え、年額 515 円で利用できる、ブログ専用のレンタルサーバです。後継サービス準備のため、2015 年 2 月に新規募集を終了しました。

Q. レンタルサーバのプランはどんな種類がありますか?

各サービスごとに分けて説明すると、以下の通りです (価格は 2014 年 4 月 1 日現在の消費税 8 % を含むものです)。

XREA のサービス
XREA (無料アカウント)
容量 50MB の無料ウェブサーバです。無料のため、全ページにバナー広告の掲載が必要です (通常は自動で挿入されます)。このアカウントに課金すると XREA+ になります。
XREA+ (年額 2,468 円)
当初は「有料広告免除サービス」という名前でした。XREA (無料) のアカウントに課金することで、10 GB への容量アップや制限緩和、広告非表示などの大幅な機能強化がなされます。サーバは XREA (無料) と同じです。課金が切れても自動的に XREA (無料アカウント) に戻るため、アカウントは削除されません。
XREA 携帯電話コンテンツ専用 (無料)
携帯電話 (フィーチャーフォン / ガラケー) 向けのコンテンツのみ設置可能です。機能や規約は XREA (無料) に準じますが、パソコンやスマートフォン専用コンテンツの設置が禁止されています (パソコン・スマートフォンからの閲覧は可能)。有料サービスがなく、広告非表示の手段も一切ありませんが、index.html のみ広告が下部に表示されます。現在は募集がありません。
XREA Mail&Backup (年額 1,018 円)
XREA+ からウェブサイトを公開するための機能を省いたもので、独自ドメインのメール (アカウント数は無制限) や FTP によるファイルバックアップ専用の安価なサービスです。専用サーバのため XREA や XREA+ からの移行はできません。また、課金が切れても無料アカウントにはならず、アカウントは削除されます。
CORESERVER のサービス
CORESERVER CORE-MINI (年額 2,571 円)
廉価な有料専用のウェブサーバで、XREA+ とほぼ同じ価格帯ながら機能が強化されたサービスです。
CORESERVER CORE-A (年額 5,142 円)
XREA+ をベースに大幅に機能を強化した有料専用のウェブサーバです。
CORESERVER CORE-B (年額 10,183 円)
CORE-A をさらに機能強化し、2〜4倍のスペックを有する有料専用のウェブサーバです。
CORESERVER CORE-C (年額 41,040 円)
CORESERVER の中で最も上位に位置する、有料専用のウェブサーバです。
CORE BACKUP
別の XREA もしくは CORESERVER の任意のディレクトリやデータベースを、定期的に自動バックアップするバックアップ専用サービスです。数年間無料ベータテストを行っていましたが、うまく動かないなどトラブルが多く、本サービスにならないままサービスを終了しました。
COREBLOG のサービス
COREBLOG A プラン (年額 515 円)
Wordpress によるブログを簡単に開設できる、新しいブログ専用レンタルサーバです。1 つのブログを開設でき、2 GB までの容量が使用できます。現在は新規募集がありません。
VALUE SERVER のサービス
VALUE SERVER まるっとプラン (年額 1,727 円)
VALUE-DOMAIN の独自ドメインとセットを条件に格安で利用できる、初心者向けの最廉価プランです。
VALUE SERVER エコプラン (年額 2,160 円)
最先端スペックのサーバを廉価な価格で活用することができる新しいウェブサーバです。
VALUE SERVER スタンダードプラン (年額 4,320 円)
最先端スペックのサーバをお手頃価格で強力に扱えるプランです。
VALUE SERVER ビジネスプラン (年額 21,600 円)
VALUE SERVER の中でも最上位に位置する、ビジネス用途を想定したプランです。

XREA+、Mail&Backup、CORESERVER は 5〜15 日間、VALUE SERVER は 10 日間の無料お試しサービスがあります。

Q. XREA+ や CORESERVER、VALUE SERVER の各プランの性能は具体的にどこが違いますか?

もっとも新しいサービスである VALUE SERVER (2013 年 5 月サービス開始) は、時代の進歩に合わせて、価格対スペック比が高くなっています。さらに、WordPress などの CMS 簡単設置機能がある、管理画面が新しくなっている (機能はほぼ同じ) などの改善点があります。

その他の機能面においては、基本的に多くの部分で共通しています。おもにハードウェア、およびディスク容量と耐えられる負荷に違いがあります。

サービスXREACOREBLOGCORESERVER
プランXREA+A プランCORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
初期費用なし受付終了なしなしなしなし
利用料金 (年額)2,468円/年515円/年2,571円/年5,142円/年10,183円/年41,040円/年
利用料金 (月額)411円/月103円/月411円/月515円/月1,018円/月4,104円/月
ディスク容量64 GB2 GB60 GB120 GB240 GB500 GB
転送量目安64 GB/日30 GB/月100 GB/月150 GB/月300 GB/月750 GB/月
許容される負荷非公表1000 人125%250%1000%4000%
サーバ 1 台の定員非公表非公表3001286416
送受信できるメール数3,000通/日-5,000通/日10,000通/日40,000通/日120,000通/日
データベース5-10無制限 (※1)
マルチドメイン20-50無制限 (※1)
メールアカウント100-200無制限 (※1)
サブ FTP アカウント3-10無制限 (※1)
サービスVALUE SERVER
プランまるっとエコスタンダードビジネス
初期費用なし1,080円2,160円3,240円
利用料金 (年額)1,727円/年
(143円/月)
2,160円/年
(175円/月)
4,320円/年
(350円/月)
21,600円/年
(1,750円/月)
利用料金 (月額)年間契約のみ432円/月864円/月4,320円/月
ディスク容量25 GB50 GB100 GB400 GB
送受信できるメール数500通/日2,000通/日40,00通/日12,000通/日
データベース1 (※3)1無制限 (※1)
マルチドメイン325無制限 (※1)
メールアカウント3100無制限 (※1)
サブ FTP アカウントなし25無制限 (※1)
  • 2017 年 9 月 1 日現在の情報です。価格は消費税 8 % を含みます。
  • (※1) 厳密には各 9999 個まで。
  • (※2) まるっとプランのデータベースは MySQL のみ対応。PostgreSQL には対応していません。

詳しくは、以下をご覧ください。

Q. XREA+ と CORE-MINI の違いが分かりません。

XREA+ は、2001 年に開設された無料ウェブホスティングサービス XREA の有料版として 2002 年末頃にスタートしたサービスで、CORE-MINI は 2009 年 12 月よりサービスを開始した新しい有料専用のウェブホスティングサービスです。

  • XREA+ は無料サービスからの派生であり、XREA のサーバ上では XREA+ と無料サービスのユーザーが同居しています。CORE-MINI は有料専用のサービスですので、CORE-MINI のサーバには有料ユーザーとおためし期間中のユーザーしかいません。
  • XREA+ は課金が切れると無料アカウントに戻りますが、CORE-MINI ではアカウントが削除されます。
  • CORE-MINI は、いくつかの項目において XREA+ の倍以上のスペックが提供されます。たとえばディスク容量は 30GB、ドメインウェブは 50 個、ドメインメールは 200 個、データベースは 10 個まで提供されます。
  • 1 サーバーあたりの定員が大幅に少なくなっています。XREA+ は 500 〜 1000 程度ですが、CORE-MINI は 300 以下とされています。
  • XREA はすべてのサーバが Xeon を搭載した VPS (仮想サーバ)、CORE-MINI では Xeon L3110 (3.0GHz 2コア) とメモリ 4GB が搭載された物理サーバとなっています (2012 年夏現在)。

XREA+ とほぼ同価格帯ですがスペックは強化されており、XREA+ の後継となる役割を担っていると思われます。

Q. CORESERVER と VALUE SERVER がほぼ同じ仕様に見え、違いが分かりません。

VALUE-DOMAIN のほうが数年後に登場した新しいサービスなので、登場当初はセーフモードではない PHP や新しいソフトウェア、リニューアルされた管理画面など、新しいサービスらしい仕様が多く採用されていました。しかし、最大で無制限のドメイン数やメールアカウントなど、もとより共通だった仕様も多く、その後 CORESERVER も大規模メンテナンスにより仕様が更新され、PHP のセーフモード制限が撤廃されるなど、両者がさらに共通化されました。そのため、現在の時点では「同価格帯のプランはほぼ同等のスペック、使用感」とみて問題ありません。

とはいえ、もっとよく比較すると若干の方向性の違いはあり、CORESERVER はディスク容量が VALUE SERVER のおよそ 2 倍で、一方で VALUE SERVER は同等のプランが年間契約において少し安く、「快適に利用できる」転送量の目安が CORESERVER の同等プランより多めに提供されます。また、VALUE SERVER のみ、管理画面のユーザーインターフェイスが新しく、WordPress などの CMS 簡単設置機能を備えています。無料で付属するサブドメイン (好きな名前.geo.jp など) の種類も両者で異なります。

Q. XREA Mail&Backup と XREA+ の違いは?

XREA Mail&Backup は XREA+ のシステムを流用したメールとバックアップ専用のサービスで、XREA+ と比較してサービス内容に以下の違いがあります。

  • ウェブホスティング機能はありません - ウェブサイトの公開はできません。
  • データベース機能はありません
  • 容量が 2000 MB です - XREA+ は 10 GB です。
  • 無料アカウントはありません - 期限が切れるとアカウントが削除されます。

その他は XREA+ と同等以上で、以下の機能が使用できます。

  • ドメインメール - 100 個までの XREA+ と違い、ほぼ無限 (9999 個) に作成できます。
  • FTP - ファイルストレージ (バックアップ用途など) として使えます。
  • ファイルマネージャ - 同じくファイルストレージとして使えます。
  • XREA+ ユーザー専用サブドメイン - 好きな名前.xrea.jp などのサブドメインを 1 アカウントにつき 1 つ、メール用 (@ の右側) として使用できます。
  • CRON
  • SSH 接続
  • メーリングリスト - メーリングリスト機能は、サービス提供開始以来より解決されていない不具合や問題点がいくつかあるため、はやわかり XREA ではこの機能の使用をおすすめしていません。

Q. 契約しようとしているウェブサーバが重くないか心配です…。

XREA や CORESERVER は自由度が高い共用サーバという性質上、サーバによってあたりはずれ (混雑して重い・空いてて軽いの差) があります。特にヘビーな使い方をするユーザーが多い CORESERVER ではその傾向がより顕著です。

しかし、XREA も CORESERVER も、ほかのレンタルサーバサービスとは違い入居するサーバを空いている中から自由に選択することができます。さらに、XREA は無料アカウント制度があり、CORESERVER もおためしアカウントを (おためしとして常識の範囲内で) いつでも気軽に取得することができます。はずれのサーバを避けたいなら、これらを最大限に利用してじっくり比較検討すると良いでしょう。

なお、おためしアカウントは、サーバの状況によって、通常よりリソースが少なく割り当てられることがあります (→ 参考リンク)。さらに、サーバアカウントの取得から 24 時間以内は、割り当てられたリソースがより少なく、通常よりも動作が若干重く感じるそうです。サーバの具合を体感で確認したい場合、取得から 24 時間が経過したアカウントで確認すると確実でしょう。

次の「ウェブサーバの混雑具合を知ることはできますか?」の FAQ も参考にしてください。

Q. ウェブサーバの混雑具合を知ることはできますか?

はい、サーバ障害・メンテナンス情報で全てのサービスのリアルタイムな負荷状況 (毎分ごとに更新) を確認することができます。「ステータス」のバーの緑色が少ないほど観測時点で混雑していますので、頻繁にバーが赤くなっているサーバには注意したほうがよいでしょう。

Q. 独自ドメインではない、サービス独自のサブドメインの提供はありますか?

はい、XREA+・XREA Mail&Backup・CORESERVER・COREBLOG・VALUE SERVER の各サービスには、「好きな名前.xrea.jp」といった、独自ドメインと同じようにウェブやメールに使用できるサブドメインが付属します。

使用できるドメイン名は、サービスにより異なります。サービスによっては、1 つのアカウントで複数個取得することができます。

XREA+ および
XREA Mail&Bacup
xrea.jp / xrea.bz / xrea.nu / xrea.cc / happy.nu / cute.bz から 3 個
CORESERVERcoresv.com / coresv.net / bex.jp / geo.jp / awe.jp / gob.jp / ebb.jp / bulog.jp / weblog.am / weblog.tc / weblog.vc / sphere.sc / cms.am から 10 個
COREBLOGbex.jp / geo.jp / awe.jp / gob.jp / ebb.jp / bulog.jp / weblog.am / weblog.tc / weblog.vc / sphere.sc / cms.am から 1 個
VALUE SERVERvalueserver.jp / valuesv.jp / vsw.jp / uvs.jp / xvs.jp / zvs.jp から 10 個

Q. サーバアカウント付属のサブドメインを削除して、新たに取り直すことはできますか?

はい、できます。管理画面からサブドメインを削除する操作を行えば、取得前の状態に戻りますので、新しいサブドメインを取得することができます。

Q. サーバアカウント付属のサブドメインは、課金の期限が切れた場合どうなりますか?

サーバアカウント付属のサブドメイン (xrea.jp など) は、課金の有効期間が終了した時点で無効になります。猶予期間として、期限により無効となってから一ヶ月間、他のユーザーはそのサブドメインを取得することができません。それ以降は他の方が取得できる状態となります。

XREA+ で課金期間が終了後、無料アカウントとして使用を継続する予定がある場合は、なるべくサブドメインは使用されない方が良いでしょう。

Q. サーバアカウント付属のサブドメインに、さらにサブドメインを付加できますか?

はい、可能です。たとえば sample.xrea.jp という XREA+ 用のサブドメインを設定した場合、これに sub.sample.xrea.jp や child.sub.sample.xrea.jp のように更にサブドメインを付け加えて使用することができます。

sample.xrea.jp というサブドメインを設定した時点で、(任意の名前).sample.xrea.jp という「サブドメインのサブドメイン」もすべてサーバに向けられるようになります。そのため、サブドメイン側では追加の設定は必要なしに、そのままウェブサーバ側でドメインウェブの設定が行えます。

Q. XREA の無料アカウントを複数取得することは可能ですか?

VALUE-DOMAIN から取得できる XREA の無料アカウントは、1 ドメイン所有につき 1 アカウントを取得できます。複数のドメインをお持ちなら、そのドメインの数だけ無料アカウントの取得が可能です。

XREA+ の有効期限が切れた無料アカウント、および一般募集で取得した無料アカウントは、アカウントを使い分けて別個のサイトを運営する場合に限り、複数アカウントの所有が可能です。ただし、負荷分散が目的で、同一サイトを複数の無料アカウントに分けて使用することは禁止されています。

なお、アカウントの数には限りがあります。一人でも多くの人に行き渡るように、節度を持って取得しましょう。

Q. ひとつのサーバアカウントで複数のサイトを運営してもいいですか?

可能です。まったく問題ありません。ただし XREA の無料アカウントでは、その場合でも必ず public_html ディレクトの直下にインデックスページを設置しましょう。

Q. 複数のサーバアカウントでひとつのサイトを運営してもいいですか?

XREA の無料アカウントでは許可されません。負荷分散などの理由で、同一サイトだけのために複数の無料アカウントを使用することは認められません。なお、アカウントの容量が足りなくなった場合は、XREA に申請し、認可されることでアカウントの容量の増量が認められます (→参考記事)。

有料アカウントでは、複数アカウントの利用方法に制限はありません。

Q. ひとつのサーバアカウントを複数人で管理してもいいですか?

可能です。ただし、アカウントの代表者を決めておきましょう。

また、XREA+ および CORESERVER、VALUE SERVERでは、管理画面の「FTP 設定」から、FTP のサブアカウントを複数作成することができますので、うまく活用するととても便利です。

Q. サーバアカウントを第三者に貸し出しや再販することはできますか?

XREA では、ディスク領域の切り売りは有料アカウントでも禁止されています。再販や不特定多数でない相手に CGI の貸し出しを行うことは可能ですが、サポートへの事前連絡が必要となります。

CORESERVER (CORE-B 以下のプラン) では、身元が分かる第三者に対してのみ、貸し出しや再販が可能となっています。

CORESERVER (CORE-C)、VALUE SERVER の各プランでは、不特定多数への貸し出しも可能です。その他のサービスやプランでは、不特定多数への貸し出しはできません。理由は以下の通りです。

  • 貸し出されたものの利用者が規約の遵守が可能であるかが不明瞭である。
  • 過去に、XREA.COM 上のアカウントにレンタルサービスを開設したが、突然閉鎖して管理を放棄し、すべての後処理 (閉鎖したサービスに関する問い合わせ・クレーム対応など) を全て XREA.COM 任せにした例があったため (→参考記事)。

いずれの場合も、貸し出しする相手に各サーバの規約を遵守していただく必要があります。

Q. 契約中の有料サービスの契約期限を、ほかのアカウントに移動できますか?

はい、できます。VALUE-DOMAIN の管理画面にある

で、有料サービスの契約期限が有効なアカウント欄にある「移動」のリンクから、契約期限を他のアカウントに移動することができます。同様の操作で、契約中のアカウント同士の有効期限を入れ替えることもできます。

ただし、複数のアカウントに残った契約期限を 1 つのアカウントに統合することはできません。また、有効期限の移動または交換は、同じ契約プラン同士のアカウントに限ります。

Q. 現在契約中の有料サービスを、ほかの契約プランに変更できますか?

いいえ。複数の異なるプランのサービスを契約することはできますが、一度契約を済ませ有効期限が残っているアカウントを他のプランに変更することはできません。

Q. 現在利用しているサーバがとても重いです。同じプランの他のサーバに引っ越すことはできますか?

はい、手作業のため多少の手間はかかりますが、以下の手順を「移転先アカウントのおためし期間中」に完了させれば、追加で有料契約を行うことなく同じプランの別サーバへの引っ越しが可能です。

  1. public_html やデータベース、ドメイン設定やメール設定など、内容や設定のバックアップを必ず取ります。
    • ドメインウェブ・ドメインメールの設定は、設定画面下部にある「テキスト形式ファイルから一括設定する画面」を用いればコピーペーストが簡単にできます。
  2. 移転元を契約している VALUE-DOMAIN のアカウントを使って、移転先のサーバのおためしアカウントを取得します。
    • XREA の場合、アカウントを取得しただけでは無料アカウントの状態になっています。XREA+ の購入画面から「無料体験 7 日」を選択すればおためしが可能です。
  3. 移転先のアカウントに内容や設定を移行します。移転元のアカウントの設定や内容は、消さずに残しておいてください。
    • FTP で扱う範囲の移行は、「サーバ間コピー」の機能を使用すると便利です。また、tar コマンドが使える方は SSH 経由でコマンドをたたいて tgz アーカイブにすれば、パーミッションの設定ごとアーカイブ化でき手間がかかりません。
    • ドメインウェブやドメインメール、データベースといった、反映に時間がかかる設定は先に済ませておくと良いでしょう。
    • 独自ドメインやサブドメインを利用中で、ドメインウェブやドメインメールの設定をコピーする場合、移転先への DNS レコードの設定はまだ行っていないため、「A レコードのチェックを行わない (強制設定)」にチェックする必要があります。
  4. 独自ドメインを使用している場合、DNS の設定を新しいサーバに向けて変更します。
    • 有料アカウントに付属しているサブドメインは、次の手順で契約情報と一緒に自動的に移行されます。
  5. 契約中の有料サービスの契約期限を、ほかのアカウントに移動できますか?」の FAQ を参考に、移転先のサーバに契約期限を移動させます。
  6. 移転元のアカウントは、契約切れによる自然消滅を待つためそのままにしておきます。
    • DNS が浸透し反映されるまでには数時間かかる場合もあるため、移転元のサーバのドメインウェブは解除せずにコンテンツを残しておくなど、時間がかかることを考慮した移行作業が必要です。
    • DNS 設定がまだ反映されていなかったときのために、移転元にメンテナンス中であることを示す案内ページなどのコンテンツを入れておくのも良いかもしれません。

この際、以下の点に注意してください。

  • 取得してから 24 時間が経過するまでのアカウントは、リソースの割り当てが若干少なく、ディスク容量が 50 MB までしか使えなかったり、動作が重く感じたりすることがあります。
  • CORESERVER はサーバによってあたりはずれ (混雑している・空いているの差) があります。また、おためしアカウントは常識内でおためしを行う範囲であれば、取得できる回数に制限はありません。引っ越し先のサーバが軽いかどうか、おためしアカウントであらかじめよく確認しておくとよいでしょう。「ウェブサーバの混雑具合を知ることはできますか?」の FAQ も参照してください。
  • 独自ドメインやサブドメインを使用していない場合 (サイトの URL が xrea.com や coreserver.jp、valueserver.jp の場合)、もちろん移転に伴って URL が変わってしまうので注意してください。

Q. サーバアカウントの管理画面はどこにあるの?

管理画面はサーバアカウント登録時のメールに URL が記載されているほか、以下のページに全サーバの管理画面へのリンクが掲載されています。

SSL (安全な通信方式) を経由せずに管理画面にアクセスしたい場合

管理画面の左下に「SSL 対応版」「SSL 非対応版」というリンクがあります。このリンクを経由して、SSL を経由した、もしくは経由しない管理画面にアクセスすることができます。

Q. アカウントのパスワードを忘れてしまいました。

VALUE-DOMAIN アカウントに紐づけられたサーバアカウントの場合

有料のサーバアカウントは通常、自分の VALUE-DOMAIN アカウントに紐づけてられています。サーバアカウントのパスワードを忘れてしまっても、VALUE-DOMAIN にログインすれば、コントロールパネルの以下のページからサーバアカウントの管理画面に直接ログインすることができ、その管理画面から現在のパスワードを確認することができます。

VALUE-DOMAIN アカウントに紐づけられていないサーバアカウントの場合

XREA の無料アカウントで VALUE-DOMAIN に紐づけられていない場合、もしくはコントロールパネルを使わずにサーバアカウントのパスワードを知りたい場合は、以下の手順で登録されているメールアドレス宛てにパスワードが届けられます。

  1. サーバアカウントの管理画面はどこにあるの?」の FAQ を参考に、あなたのサーバアカウントの管理画面へアクセスしてください。
  2. 「ID」欄に自分のウェブアカウント名を入力します。
  3. 「パスワードをメールで取得」ボタンをクリックします。

登録したメールアドレスが使えなくなったなど、以前のメールアドレスでは受信できない状態の場合は、パスワード照会申請フォームに必要事項を記入し、VALUE-DOMAIN のサポートフォームよりサポート宛てにお送りください (このフォームを使用しない申請は認められません)。

VALUE-DOMAIN アカウントの場合

VALUE-DOMAIN アカウントのパスワードを忘れてしまった場合、以下の手順で登録されているメールアドレス宛てにパスワードが届けられます。

  1. VALUE-DOMAIN のログイン画面にアクセスしてください。
  2. 「ユーザー名」欄に自分の VALUE-DOMAIN のアカウント名を、「メールアドレス」に VALUE-DOMAIN アカウントに登録されているメールアドレスを入力します。
  3. もしくは、「ドメイン名」にアカウントで管理しているドメイン名のいずれか 1 つを入力します (「http://」や「www.」は不要)。ドメイン名を入力する場合、アカウント名は必要ありません。
  4. 「パスワード再送」ボタンをクリックします。

Q. サーバアカウントのアカウント名を変更することはできますか?

サポートに申請することで変更できます。ただし、以下の注意点があります。

  • 事前に必ずデータのバックアップを行ってください。
  • ドメインウェブ・ドメインメールの設定、データベースのデータは名前変更後のアカウントに継承されません。
  • 申請から変更されるまで 1 週間かかります。
  • 「アカウント名の都合でデータベースが利用できない」という理由以外の場合、申請が受理されないことがあります。

アカウント名変更の申請は、アカウント名変更専用フォーマットVALUE-DOMAIN のサポートフォームに送ることで行えます。

Q. XREA の無料アカウントで 50 MB の容量を使い切ってしまいました。どうすればいいですか?

以下の 2 つの手段があります。

  1. ウェブアカウントに XREA+ を適用して有料アカウントになる (容量が 10 GB になります)。
  2. XREA に容量増加の申請を行う。
無料アカウントでの容量増加申請について

XREA の無料アカウントで 50 MB の容量を使い果たしてしまった場合は、XREA に容量が足りなくなった旨を申請し、認可されることで最大 300 MB への増量が認められます。ただし、以下のすべての条件が必須となります。

  • 全体の容量の 80% 以上を使用していること。
  • 倉庫 (画像などのファイル置き場) 利用ではないこと。無料アカウントでの倉庫利用は規約違反です。
  • 申請に専用のフォーマットを用いていること。

容量増加申請専用のフォーマットが新たに登場しましたので、これを用いてサポートフォームから申請してください。フォーマットを使用しない申請は受理されません。

Q. サーバアカウントが削除されることはありますか?

有料契約を行っているサーバアカウントは、課金が有効である限りアカウントが削除されることはありません。ただし、重度の規約違反・サーバに過度に負荷を与えているなどの場合、アカウント全体もしくは一部分が凍結されることがあります。

また、無料アカウントでは、規約違反でなくとも、次のような場合はアカウントが自動削除される場合があります。

  • インデックスページ (public_html 直下の index.***) がない。
  • 1 週間広告の表示が一度もなかった。

さらに、無料アカウントで以下の事項に該当する場合、自動処理ではなく、スタッフの判断で削除・凍結になる可能性があります。

  • とりあえずアカウントを取ってみただけのまま放置されている。
  • インデックスページがダミーページ等、サイトの内容と一切関係ないページである。
  • 更新が全くないうえに訪問者もいなくなり、廃墟と化している。

長い間更新されていなくても、訪問者がいてサイトとして機能しているならば、アカウントが削除されることはほとんどありません。

Q. XREA の転送量の上限は管理画面に書かれているとおり 3000 MB (1000 MB) / 日 ですか?

違います。転送量の上限はあくまでも一基準であり、利用方法によってはそれ以下でも凍結や帯域制限されることがあります (→参考記事)。逆に、ブログやテキストサイト等の一般的な構成のサイトの場合、突発的にアクセスが増大し、最大 5000 MB / 日程度になっても認められるケースもあります (→参考ページ)。

転送量が上限を超過するとどうなるの?

超過する日が続いている場合は、転送量が上限内に収まるように、帯域 (一定時間あたりの転送量) が制限される場合があります。

また、長期的に上限を超過した場合、利用者の都合を最大限に配慮したうえで、XREA のスタッフから改善をお願いされることがあります。ただし、規約違反等、利用方法に問題がある場合は、この限りではありません。詳細は参考記事に書かれていますので、ご覧ください (→参考記事)。

CORESERVER や VALUE SERVER では転送量上限の扱いが異なります

CORESERVER の転送量の上限は 100 〜 750 GB / 月 (プランにより異なる) です。CORESERVER ではこの上限を超えた場合、サーバ全体に負荷がかかっているときに帯域が制限されるようになりますが、転送量超過だけでアカウントが凍結されることはありません。

VALUE SERVER は転送量の上限値は設定されていません。しかし、共用サーバのため、著しく負荷が高く、他のユーザに過大な影響が出る場合は一時的にサーバの性能が制限されることがあります。快適に利用できる目安として、150 〜 1500 GB / 月、150万 PV 〜 1500万 PV (プランにより異なる) という値が設定されています。

Q. 転送量が上限を一度でも超えると、追加課金されたり凍結されたりするのですか?

いいえ。いずれのサービス・プランでも、転送量が超過することによる追加課金はありません。また、規約違反等の重大な問題がある、障害の原因となり至急改善を要する等の状況ではない限り、アカウントが突然凍結されることもありません。

XREA の場合、利用方法に問題がない限り、一時的なアクセス増加などで転送量が一度だけ 3000 MB / 日を超えてしまうこと自体に問題はありません。問題になるのは、利用方法に問題がある場合や、継続的に 3000 MB / 日を超過している場合です。また、XREA では、突発的なアクセス増加などを考慮し、10000 MB / 日まで転送可能になっています (あくまで限界値であり、当然許容される範囲ではありません)。3000 MB / 日を超えた途端に閲覧不能になることはありません。

CORESERVER では、上限の 100 〜 750 GB / 月 (プランにより異なる) を超過するとベストエフォートとなり、サーバ全体に負荷がかかっているときに帯域 (一定時間あたりの転送量) が制限されることがありますが、転送量超過が理由で凍結されることはありません。

VALUE SERVER では、転送量の上限は設定されていませんが、著しく負荷が高く、他のユーザに過大な影響が出る場合に一時的にサーバの性能が制限されることがあります。

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.044 秒 | このページの最終更新 : 2017/09/15 (金) 20:09:20 (7d) | 編集(管理用)