はやわかり XREA

ナビゲーション

メニュー

パンくずリスト

「ドメイン」の FAQ

VALUE-DOMAIN での独自ドメインの取得や運用に関してのよくある質問集です。

質問リスト

Q. XREA のアカウントを取得しましたが、これを使って VALUE DOMAIN にログインできません。

XREA のアカウントと VALUE DOMAIN のアカウントは別物です。別途、VALUE DOMAIN のユーザー登録を行ってください。ユーザー登録の際、「ユーザー名 '○○○' は既にデータベースに登録されています」と表示された場合は、すでに他の方が同じユーザー名を使用しています。別のユーザー名を指定してください。

Q. VALUE DOMAIN のメール転送と、ウェブアカウントのメール転送を併用することはできますか?

できません。ドメインごとにどちらかに絞って運用する必要があります。設定の簡単さを求めるなら VALUE DOMAIN のメール転送、高機能を求めるならウェブアカウントのドメインメールがおすすめです (VALUE DOMAIN のメール転送でできることは、すべてウェブアカウントのドメインメールでも実現できます)。

Q. 一部のドメインではメール転送がないそうですが、これはメールが使えないということですか?

いいえ。汎用 jp など、一部のドメインではメール転送が提供されていませんが、これは本来 VALUE DOMAIN 側で独自に提供されている転送メールが使用できないだけですので、XREA 等、ドメインメールが使用可能なホスティングサービスと併用すれば、全く制限なくメールを使用することが可能です。

Q. サブドメイン (sub.domain.com) でメールを運用することはできますか?

VALUE DOMAIN 側で独自に提供されている転送メールでは不可能ですが、XREA や CORESERVER 側で提供されているドメインメールでは可能です。

Q. ドメインウェブの「同じファイルを複数ドメインで共有させる設定」を解除するには?

「同じファイルを複数ドメインで共有させる設定」を行うと、同期元と同期先のディレクトリが自動生成されます。しかし、同期先のディレクトリはシンボリックリンクと呼ばれる特殊なものなので、FTP ソフトでうまく削除することができないうえに、同期元を削除したときに一見おかしな現象が起こることもあります。

この問題は、CGI を使って同期先を削除することで解決します。VALUE DOMAIN 設定事例集/「同期先」を確実に削除にて詳しく解説していますので、ご参考ください。

Q. name ドメインは、追加料金を払わないと転送メールアドレスを使用できないのですか?

name ドメインは「(名前).(苗字).name」という形式 (例 : taro.yamada.name) でひとつのドメインになりますが、「(名前)@(苗字).name」のような形式 (例 : taro@yamada.name) の転送メールアドレスを使用したい場合のみ、追加料金が必要になります。この転送メールアドレスには有効期限がありませんので、以降はドメインの更新料金のみを支払えば永続的に使用可能です。

「(好きな名前)@(名前).(苗字).name」という形式 (例 : docaven@taro.yamada.name) のメールアドレスは、他のドメインと同様の扱いになりますので、追加料金なしで自由に作成可能です。

Q. ドメインウェブの設定をしたいのですが、ウェブサーバの IP アドレスがわかりません。

以下のページに、全ウェブサーバの IP アドレスが掲載されています。

Q. ドメインウェブの設定を行いましたが、アクセスするとエラーページが表示されます。

ドメインの DNS 設定だけが行われ、ウェブアカウントのドメインウェブの設定が完了していない (または間違っている、反映されていない) 場合、「ドメインウェブの設定が見つかりません」というドメインウェブの設定エラーのページが表示されます。この場合は、次の原因が考えられます。

  • ドメインウェブ / DNS の設定が間違っている。
    通常は DNS 設定が正しくない場合 (「強制設定」をしない限り) ドメインウェブの設定の際にエラーになりますが、念のため設定したドメインが正しいかどうか、再度確認するのもひとつのテです。
  • DNS 設定で指定したサーバと、ドメインウェブを設定したウェブサーバが食い違っている。
    たとえば、ドメインウェブを設定した XREA のサーバは s46 サーバなのに、DNS 設定で s36 サーバの IP アドレスを指定してしまっているような状態になっていると、当然正しいページは表示されません。
  • ドメインウェブの設定がまだ反映されていない。
    ドメインウェブの設定は、反映されるまでに数時間〜24 時間かかります。気長に待ちましょう。
  • DNS 設定がまだ反映されていない。
    ほとんどの場合 DNS 設定は即座に反映されますが、DNS の仕組み上、お使いのプロバイダ等によってはどうしても反映にかなりの時間がかかってしまうことがあります。お使いのコンピュータの DNS キャッシュをクリアしてみるのも有効です。

以前は同じサーバ内の他人のページがランダムに表示される仕様となっていましたが、2004 年 3 月より、エラーページを表示する仕様に順次切り替わっています (→参考記事)。

ドメインに「www」を付加したときだけ (もしくはその逆) エラーページが表示されるときは?

ドメインが example.com で、www.example.com と example.com の両方でページが表示されるようにしたい場合、この 2 つは別のドメインとして扱われますので、両方のドメインウェブ設定を行う必要があります。たとえば、example.com だけをドメインウェブに設定したからといって、www.example.com でも閲覧できるわけではありません。詳しくは、VALUE DOMAIN 設定事例集/その1 をご覧ください。

Q. ドメインウェブの設定を行いましたが、「サーバが見つかりません」と言われてしまいます。

少なくともドメインの DNS 設定が合っている場合は、ドメインウェブの設定が間違っていてもほぼ確実に何らかのページ (XREA のエラーページなど) が表示されているはずです。「サーバが見つかりません」となる場合は、DNS 設定が間違っているか、まだ反映されていないかのどちらかですので、再度設定を見直し、少し待ってみましょう。

Q. DNS 設定が間違っているのかすらわかりません。確実な設定方法は?

「A レコード」と呼ばれるタイプが一番よく使われます。これを使いウェブサーバの IP を指定すれば、それだけでドメインとその IP アドレスが関連付けられます。これにより、そのサーバでのドメインウェブ・ドメインメールの運用が可能になります。

以下に簡単な設定例を示しますが、取得されたドメインにより DNS 設定の入力欄が異なります。

「ホスト名」「ターゲット」「MX 設定」などの入力欄があるタイプの場合

com / net / org ドメイン等はこのタイプです。たとえば、DNS 設定を行うドメインが example.com の場合の設定例を以下に示します。「MX 設定」は、「A レコード」では関係のない欄ですので、最初から入力されている「10」のままで OK です。

ホスト名ターゲットタイプMX 設定
1. www.example.com の場合www(ウェブサーバの IP アドレス)A10
2. sub.example.com の場合sub(ウェブサーバの IP アドレス)A10
3. example.com の場合@(ウェブサーバの IP アドレス)A10
ひとつの大きな入力欄に一行ずつ指定していくタイプの場合

汎用 jp などはこのタイプです。たとえば、DNS 設定を行うドメインが example.jp の場合の設定例を以下に示します。

  1. www.example.jp の場合
    a www (ウェブサーバの IP アドレス)
  2. sub.example.jp の場合
    a sub (ウェブサーバの IP アドレス)
  3. example.jp の場合
    a @ (ウェブサーバの IP アドレス)

Q. www.example.com と sub.example.com を別々のサーバで運営することは可能?

別々の IP アドレスを指定できますので、もちろん可能です。たとえば、www.example.com は s40 サーバで運営し、sub.example.com は s50 サーバ、そして home.example.com は自宅サーバで運営するということもできます。

Q. ドメインウェブの「ドメインの同期」状況を確認することはできますか?

XREA より、同期状況を確認するための CGI が提供されていますので、各自で設置してください (→参考記事)。

Q. ドメインの期限切れ間近に、ドメインの更新を促す英語のメールが届きました。これは一体?

以下の記述で始まるメールであれば、VALUE-DOMAIN の上位レジストラである eNom がドメイン所有者に送信しているメールです。ドメイン管理団体である ICANN の新たな規定により、2003 年 10 月 31 日よりドメインの期限切れが近い方に送信されるようになっています。

  • 「Dear Domain Holder,」 (訳 : ドメイン所有者の方々へ)
  • 「Dear DigiRock, Inc. Customer,」 (訳 : 株式会社 GMO デジロック (VALUE-DOMAIN の運営元) の顧客の方々へ)

同内容の日本語のメールを VALUE-DOMAIN が独自に送信していますので、英語で記述されたこのメールは無視して構いません。詳しくは参考ページをご覧ください (→ 参考ページ)。

Q. ドメインに MX レコードを設定していましたが、急にメールが届かなくなりました。

従来は、DNS 設定の MX レコードのターゲットにはホスト名 (例 :「mx」「mail」) または FQDN (ドメイン名にピリオドを付加したもの。例 :「mx.domain.com.」「mail.domain.com.」) のどちらかを指定可能でしたが、2004 年 7 月よりホスト名での指定ができなくなりました。ホスト名のみで指定しても、末尾に強制的にピリオド (「.」) が付加されてます。そのため、MX レコードは FQDN (mail.domain.com. や mx.domain.com.) で設定してください *1

これは、VALUE-DOMAIN の上位レジストラである eNom で突然の変更があったためですが、現在の仕様が今後も続くかどうかは、現時点では不明となっている状況です。現在、XREA が eNom に改善依頼を出しているそうです。

なお、これは eNom の DNS 設定 (「A」「MX」などのタイプをマウスクリックだけで選択できるタイプ) に限った話ですので、VALUE-DOMAIN 独自の DNS 設定 (ひとつの大きなテキスト入力欄に一行ずつ文字で書いていくタイプ) では特に問題はありません。

よくわからない方は、下のどちらに該当するかをお確かめください。主に .com, .net, .org などが左、.jp などが右に該当します。

eNom の DNS 設定VALUE-DOMAIN 独自の DNS 設定
eNom タイプ
VALUE-DOMAIN タイプ
MX にホスト名設定不可
(この FAQ に該当します)
MX にホスト名設定可能
(この FAQ に該当しません)

Q. ドメインの期限を切らしてしまいました。もうおしまいですか?

ドメインの期限切れの例

ドメインの期限が切れると、サイトにアクセスしても上記のような広告ページが表示されるなど、サイトの閲覧が不可能になってしまいます。しかし、ドメインの種類によっては、期限切れになってから 30 日程度の猶予期間が設けられている場合があります。この猶予期間がある場合、期間内に更新の手続きを行うことによって、ドメインを継続して利用することができます。

万が一間に合わずにドメインを手放した状態になってしまった場合、すぐに第三者に横取りされてしまい、もう戻ってこないか、法外な購入金額を提示されてしまうことがあります。ドメインの期限切れにはご注意ください。

Q. 期限切れになりそうな他人のドメインを狙っています。取得できるタイミングは?

VALUE-DOMAIN で管理されているどのドメインも、期限切れ後すぐに取得することはできません (→ 参考記事)。

たとえば、JP ドメインの場合、月末に期限が切れ、その翌々月 1 日に開放されます。たとえば、6 月 30 日に期限が切れた場合、8 月 1 日まで他の人は取得できません。これはどの指定業者で申請されても同じで、誤って失効させてしまった場合の救済期間が設けられているためです。

*1 FQDN とは、ドメイン名にピリオドを付加したものです

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.047 秒 | このページの最終更新 : 2014/03/31 (月) 14:32:21 (149d) | 編集(管理用)